about ai of Ai Ueda Official WEB Site

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


トライアスリート上田藍 オフィシャルWEBサイト

rio banner.jpg

HOME > about ai

上田藍 AI UEDA

生年月日  1983年10月26日
身長、体重 155cm、44kg
血液型   A型
出身地   京都府
所属    シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター
コーチ   山根英紀 

Date of Birth: 26th October 1983.
Height&Weight: 155cm / 5ft 1inch, 44kg / 97pounds
Place of Birth: Kyoto, Japan
Nationality: Japanese
Resides: Chiba, Japan
Coach: Hideki Yamane
Language: Japanese
Occupation: Professional Triathlete
Interests: Painting




profile002.JPG

Triathlon Life

4歳から水泳を習い始める。加茂川中学時代は水泳部に所属。部活の合間を縫って出場した地方の陸上大会の記録が認められ、冬場は陸上部の駅伝メンバーとして活動する。競泳では勝てない悔しさを味わい続けたが、3年生の時に念願の全国中学駅伝大会に勝ち進み、3位となる。このレースで区間賞をとり、初めて「勝つ喜び」を知る。京都市立洛北高校時代は陸上部に所属し、3000mに専念。目立った成績が残せずにいた高校2年生の冬、今までの競泳と陸上の経験を生かせるトライアスロンに興味を抱く。高校3年生の夏、兵庫県で開催された「グリーンピア三木大会」に初参戦し、優勝する。トラック競技では身近に感じられなかった沿道の温かい声援、変化に富んだロードを駆け抜けるスピード感、3種目を合わせたことで勝利を見出せたトライアスロンの道に進むことを決心する。

高校卒業後、稲毛インターの門を叩き、2002年山根コーチとの二人三脚が始まる。

2002年、ジュニアアジア選手権に優勝。
2003年、U-23カテゴリーに進み、2004年のITU世界選手権で6位入賞。
2005年 エリート選手となり、ITU世界選手権18位、ジャパンランキング1位となる。
2006年、アジア選手権優勝、ITU世界選手権12位、ドーハアジア大会銀メダルを獲得。
2007年、ITU世界選手権18位(日本人トップ)、日本選手権で悲願の初優勝を遂げる。
2008年、アジア選手権で奇跡の逆転優勝を成し遂げ北京オリンピックへの切符を手にした。

7年間の思いを胸に北京オリンピックの舞台に立ち、17位。
オリンピックの舞台で改めて勝負の奥深さを知り、4年後のロンドンへの思いが強まる。

2009年、ITUウアトゥルコW杯(メキシコ)で念願の初優勝。
2010年、シーズン初旬の自転車のトレーニング中、落車により大怪我を負う。
驚異的な回復をみせ、10月、ITUウアトゥルコW杯で2連覇を果たす。

2011年、ロンドンオリンピック日本代表選考レースとなる、ロンドンWCSに参戦。
11位という結果ながらも「3位から30秒差以内のフィニッシュ」というオリンピック選考基準を突破し、2012年ロンドンオリンピック日本代表選手に内定。

2010年の経験を力に変え、2011年は飛躍的な成長をとげ、最大目標としていたロンドンオリンピック日本代表の座を内定というかたちで勝ち得ることができた。

2012年のロンドンオリンピックメダル獲得に向けて、日々邁進中。






ai face007.JPG



ai face002.JPG

The Triathlon Ai

Ai Ueda was born and raised in Kyoto, Japan. Her parents are KIMONO painters. She has an older brother who is also a painter. She went to a swimming club with her brother when she was in elementary school. When she was 14 years old, it was by pure chance that she participated in the EKIDEN race in which she became a record holder of the section. By the time she was in high school, she had switched to track and field from swimming.

After graduating high school in the spring of 2002, she moved from Kyoto to Chiba so as to strengthen her abilities in Triathlon. That same year, she became the Junior Asian Champion. Since 2003, she has been an Elite Triathlete.
In 2005, she was ranked 1st in Japan. She won a silver medal in the 2006 the Asian Games in Doha. The Japanese press took her up as, “Ai the IRON GIRL”, “Ai is strong, but small and cute like a japanese hybrid compact car.” Ever since, she has become known as “the Triathlon Ai.” In 2007, she won the gold medal in the Japan Championships.
In the 2008 Asian Triathlon Championship, she dramatically came from behind to win. Her bold and aggressive run won her way to the Olympics. With strong feelings for over 7 years to participate in the Beijing Olympics, Ai came in 17th place.

Her long-sought first victory was 2009 ITU Huatulco World Cup.
However, the following year she faced a serious head injury during training after falling off her bike. She showed astounding recovery though and yet again participated in the ITU Huatulco World Cup winning again.

In 2011, she took part in the London WCS where winning athletes are selected for the London Olympics. Although she ranked in 11th place, she passed the qualification standard of "finishing within a 30 second difference from the 3rd runner's goal time" and earned the ticket to the London Olympics as a prospective member to be on Japan's national team.

Presently, Ai is vigorously working hard to win a medal in the 2012 London Olympics.

The spectators are always carried away by her performance.
She highly respects her parents. Her family gives her great support and power.




12.png